陣笠隊紹介

太助にござりまする!

陣笠隊について紹介致しますぞ!

  • 太助(何を考えているのか分からない)
  • 踊舞(大柄で声もでかいが意外と小心者)
  • 十吾(暗いところが苦手らしい)
  • なつ(最年少であるがほぼ皆の母上)

の4名で武将様方を支えておりまする!

では順に紹介参りましょうぞ!!

好きな名古屋の観光地も聞いてみようかの。

 

太助

天文16年(1547年)8月28日生まれ

美濃国の山出身

初陣は稲葉山城の戦いで、その後の戦は羽柴軍に付き従い出陣することが多かった。

当時は猟師をやっており、動物に詳しい。

生き物が好きで、現世に蘇ってからは東山動植物園や名古屋港水族館によく足を運ぶ。

踊舞

永禄3年(1560年)9月28日生まれ

尾張国小牧出身

大道芸一家に生まれる。織田信長様が小牧に城を築いてからは父親が信長様に心酔し、よく織田軍の戦に芸を披露しい行くようになる。

現世では甘いものに目がなく日々甘味を食べ歩き、スイーツコンシェルジュの資格も取得した。

毎年10月に大須で行われる大須大道町人祭りに出るのが夢。

 

十吾

永禄8年(1565年)9月15日生まれ

尾張国春田村出身

農家に産まれ、村の子どもの面倒を見るのが好きだった。加藤清正様の軍に志願し、賤ヶ岳、小牧・長久手の戦いに参加した。

九州平定に同行したのち、故郷恋しさに尾張国に戻る。そののち妻と娘の3人暮らしで余生を過ごす。

生来の臆病で、暗いところが苦手。周囲に危険なものがないか警戒していることが多い。

現世に甦って、夜でも明かりがついていることに驚く。特にオアシス21が気に入っている。

なつ

元亀3年(1572年)7月2日生まれ

肥前国出身

母の真似をして料理をするのがすきだった。戦場では足軽たちの飯を作り後方支援をしていた。

肥前国に秀吉様が名護屋城を建てられたことをきっかけに夫と二人で秀吉様について行くことを決めた。

現世に蘇りては名古屋城にて客人の写し絵(写真)を撮り続けたことにより絡繰(カメラ)に興味を持ち、自身でも写し絵を撮り始める。

自身で写したものをInstagramにて公開中。

風景写真を中心に、名古屋市内や名古屋おもてなし武将隊の武将様と足軽を写した企画(武将と足軽と〇〇)も展開!

写真展の開催やフォトブックも発売予定。ぜひ援軍(フォロー)してお楽しみください!

Instagram:足軽なつ(@ngy_natsu)

最後に

足軽にも個性がござる!

我ら陣笠隊の日記帳、存分にお楽しみくださりませ!!

タイトルとURLをコピーしました