清正茶論十杯目に向けて

名古屋紹介

皆の者、息災か。

名古屋おもてなし武将隊、加藤清正である。

此れよりは、加藤清正の日記帳の時間じゃ!

 

清正茶論十杯目

 

さて、明日は我が清正茶論、記念すべき十回目と相成った。

思い返せば、なかなか長い道のりであったがあっという間。

此処迄続けて来られたのも、我が話を聞きにきてくれた皆のお陰。

心よりの感謝を皆に捧げたい。

本当にありがとさんじゃ。

 

すぺしゃるげすと

 

此度の清正茶論は、記念すべき十回目。

故に特別な回としたかった。

儂にとって、古典文学ゆかりの特別なる方は「前田利家様」である。

此度援軍を乞うたところ、快く承諾してくださった。

明日は、利家様から教えを賜った「論語」について思う存分語って参る。

 

利家様と儂の論語談義。

記念すべき十回目。

その全てを皆に届けるには一時間は短すぎる。

故に前、後編の二本立てと相成った。

皆に楽しんで貰えたら幸甚じゃ。

券売は本日迄だで、忘るることなかれ!

 

それではめくるめく古典文学の世界へ、いざ出陣!!

 

加藤清正

 

券売陣(本日迄)

403 Forbidden

 

 

コメント

  1. 馨子 より:

    清正さんこんばんは
    そして日記帳の更新ありがとうございます

    明日はいよいよ十杯目の清正茶論ですね
    私も観覧券を購入させていただきました
    今回のテーマは「論語」
    日本の古典から海外の古典まで幅広い!
    「論語」は教科書に掲載されているものしか読んだことがないので、新しい知識を得られるかと思うと今から楽しみです
    それも今週だけでなく、来週も楽しめるなんて、素敵すぎて嬉しいです

    槍師弟の掛け合いも楽しみにしております
    明日も佳き日となりますように

    • 相州姥桜 より:

      清正様、今晩はにございます。
      発売と殆ど同時に手に入れました観覧券、とうとう使うときがやってきたのですね(笑)

      清正茶論も十回を重ね、毎回趣向を凝らしたお話を聞かせて下さった清正様に改めて感謝させて下さい。

      記念の回に相応しく
      博識でお話上手なお二人の対談、楽しくないわけがありませんよね。
      前後編でもきっと語り尽くせぬことでしょう。
      尽くせぬならばこれからもずっと、続けていただけたなら幸いです。

      先ずは明日、楽しみに、心から楽しみに開演を待っております。

  2. りーくん より:

     
    清正様
    おはようございます。

    清正茶論十杯目の開催、
    おめでとうございます。
    清正様のわかりやすい古典解説のおかげで、
    私も古典への興味と造詣が深まりました。

    記念すべき十杯目は利家様との論語対談ですね。
    論語・・・、
    これまた私にとってハードルの高い題材ですが、
    知らないことを知る楽しみをまだ味わいたいと思います。

  3. 結月里洋(ゆづき りょう) より:

    積み上げた奇跡が、石垣のように!
    素敵ですね!

タイトルとURLをコピーしました